製図は手書きでもOK?CADを使う場合と比べてみよう!

投稿日: 作成者: admin

製図は手書きよりもCADなのか

昔から製図は手書きで行われてきたものだから、今となっても手書きで問題ないというのも妥当な考え方です。CADを使うのが主流になってきた現代においても、まだ手書きで全て対応している業者も少なくありません。手書きとCADを比較したときに、仕上がりを見るとCADの方が安定していて誰が作っても見やすいものができるという点では優れています。手書きで美しく仕上げるには熟練の腕が必要なのは確かで、それもプロにとってはスキルとして認められるものでした。CADによってその修練の必要がなくなり、純粋に知識や経験から優れた図面を考案できる人が高く評価されるようになったと言えるでしょう。手書き製図にこだわり続けるとこのような新しい潮流から取り残されてしまうかもしれません。

手書き製図にメリットはないのか

このような状況を考えると手書きにこだわっている人は速やかにCADを学んで使うべきと考えるかもしれません。しかし、手書きの製図にはメリットもあり、CADを使えるのに手書きをしている人もいます。クライアントに図面を見せて対応するときに、その場で図面に書き込んで美しい図面をその場に作り上げることができるでしょう。その仕上がっていく様子を目の当たりにしてもらうことができるのも特徴で、クライアントから確かに優秀な人だと思ってもらうことができます。完成された図面を提供するのではなく、一緒に作り上げていくという気持ちをクライアントに持ってもらいやすいのです。手書きだからこそ訴えかけられるポイントなので上手に活用していきましょう。

電気CADは自動車等の電気で設計する工程の数を大きく減らすことができ、簡単に図面が作成する設計支援システム。