部屋全体を明るくしたいときの電球は?交換するときのタイプも知っておこう!!

投稿日: 作成者: admin

天井も含めて部屋全体を明るくしたいとき

電気が無い時代の照明はろうそくなどを床において使っていて、照明を置いている周りは明るいですがそれ以外の部分は暗い部分もあったようです。部屋全体を明るくしたいときはろうそくをたくさん置かないといけなかったでしょう。今は天井に照明器具を取付ければ部屋全体を明るくできますが、LED電球を使うときには選び方に注意しなければいけません。当初販売されていたLED電球は一方向しか明るくならないタイプしかなく、部屋の端や天井などは暗い状態になっていました。現在は全方向が明るくなるタイプが登場しているので、これなら部屋の端や天井なども明るくできます。価格としては一方向しか明るくできないタイプが安いケースが多く、買うときにはきちんと選ぶ必要がありそうです。

照明器具の交換方法を知っておく

照明器具を使うときは本体と白熱電球や蛍光灯などをセットで用意しないといけません。白熱電球などは寿命があるため、切れれば白熱電球だけを交換すれば照明器具として使えます。最近はLEDによる照明が浸透しつつありますが、これまでにないタイプの照明器具が出てきたので注意が必要です。まずはこれまで同様本体とLED電球をセットで使うタイプで、こちらはLED電球が切れればLED電球のみを交換すれば本体の交換は必要ありません。一方本体とLEDが一体化したタイプがあり、LEDが劣化して使えなくなったときは本体を丸ごと交換する必要があります。このタイプはLED部分の交換ができない仕組みになっています。ただ長く使えるので総コストは交換できるタイプとさほど変わらないようです。

LEDライトパネルは高性能の物になると動画を再生することができます。一枚絵を示すだけの従来の看板とは違い、動きのある映像を流すことで高い宣伝効果を発揮できるのが魅力です。